MENU

【外食トレンドグルメ2024年(上期)】インスタグラムで話題沸騰中の流行りの食べ物まとめ!

2024年、外食業界は再び大きな変革の波にのります。特に、SNSの影響力が増している現代において、インスタグラムやTikTokでの話題性が飲食店の成功を左右する要因となっています。そこで、この記事では、飲食店オーナーや従業員の皆様が参考にしたい、SNSで話題の「流行りの食べ物」について深掘りしていきます。

まず、トレンドグルメが注目される背景には、いくつかの要因が考えられます。Z世代を中心とした若い世代が、食の楽しみ方や価値観を変えてきたことは明らかです。彼らは、単に美味しいだけでなく、見た目や背景ストーリー、そしてSNSでの共有性を重視しています。食事は、体を満たすだけでなく、心の豊かさやコミュニケーションのツールとしての役割も果たしています。

また、物価の高騰や輸入食材の価格上昇などの経済的背景も、新しいトレンドグルメの誕生に影響を与えています。消費者は、コスパの良いものを求める一方で、ユニークで新しい体験を求めています。このギャップを埋めるために、多くの飲食店が創意工夫を凝らしたメニューを提供しています。

さらに、大手メディアやインフルエンサーの影響も無視できません。彼らが取り上げることで、一気にそのグルメがトレンドとなり、多くの人々の舌を楽しませることが増えてきました。しかし、その一方で、短期的なブームとなりやすいため、持続的な人気を保つための工夫や努力も必要とされています。

このような背景を踏まえて、これからの流行りの食べ物を紹介していきます。
新しいメニュー開発の参考や、店舗運営のヒントとなる情報を提供できればと思います。

参考サイト
https://kurofune-marketing.com/sns-lab/instagram/gourmet-influencer-selection/

目次

【外食トレンドグルメ2024年(上期)予想】知っておきたい!流行りの食べ物になる3つの要因!

インスタとTiktokの影響力がかなり大きい!!

近年、InstagramやTikTokの利用者数が急増しています!
特にZ世代を中心に、食事のシーンや新しいグルメの情報をSNSでシェアする文化が根付いてきました。
このシェア文化は、新しいグルメや飲食店が瞬く間に拡散され、一気にトレンドとなる要因として大きく影響しています。

また、SNS映えするメニューやオシャレな店内は、話題性を呼ぶケースが多くなっています。

健康・環境意識の高まり

健康や環境に対する意識が高まる中、食に関する選択も大きく変わってきました。
有機野菜やスーパーフード、地産地消の食材を使用したグルメや、持続可能な生産方法を採用した食品が注目されています。

また、ヴィーガンやベジタリアン向けのメニューが増えるなど、多様な食の選択肢が求められています。
これらの健康や環境に優しいグルメは、特に若い世代を中心に支持されています。

経済的背景と新しい食文化の導入

物価の高騰や輸入食材の価格上昇などの経済的背景から、コスパの良い、かつユニークなグルメが注目される傾向にあります。グローバル化が進む中、海外の食文化や新しい食のトレンドが日本にも次々と導入され、韓国や台湾、南米など、様々な国の伝統的な料理やスイーツが日本で再解釈され、新しいグルメとして市場に登場しています。

これらの要因を踏まえると、今後のトレンドグルメは、SNS映えするだけでなく、健康や環境、そして新しい食文化の導入という3つの要素を持つグルメが流行りの食べ物になることが予想されます

【飲食店が注目する2024年の「食トレンド」は? 】飲食店リサーチさんの調査報告アンケート調査についての考察

飲食店に特化したリサーチサービス「飲食店リサーチ」(https://www.inshokuten.com/research/company/)を運営する株式会社シンクロ・フード(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤代真一、東証プライム市場:3963)は、飲食店ドットコム会員を対象に、食材や料理などの「食のトレンド」についてアンケート調査を実施いたしました。

調査概要

  • 調査対象:飲食店ドットコム会員(飲食店経営者・運営者)
  • 回答数:399
  • 調査期間:2023年4月4日~2023年4月11日

調査結果のポイント

  1. 食のトレンドに対する関心:飲食店関係者の82.2%が「食のトレンド」に関心があると回答。
  2. トレンドの取り入れ方:食のトレンドをメニューに取り入れた経験がある店舗は36.3%。具体的なトレンドとして「レモンサワー」、「SNS映え」、「タピオカ」、「大豆ミート」などが挙げられた。
  3. トレンドメニューの効果:トレンドメニューを取り入れたことで売上や集客に一定の効果を得られた店舗も存在し、好影響があった飲食店は半数を超えている。
  4. 情報収集の手段:食のトレンド情報の収集源として「Instagram」が57.1%で最も多く、次いで「インターネット」、「テレビ、ラジオ」が挙げられた。
  5. 2023年の注目トレンド:「健康志向」、「アジア各国の料理」、「代替食材」などが挙げられた。
飲食店リサーチ

飲食店が注目するトレンドは、消費者のライフスタイルや価値観の変化、社会的背景など多岐にわたる要因に影響されます。
2024年の食のトレンドとして「健康志向」や「アジア各国の料理」、「代替食材」が注目されていることから、健康やサステナビリティへの関心の高まり、また多様な文化や価値観の受容が進んでいることが伺えます。

特に「健康志向」は、健康や免疫力を意識する消費者が増えている中で、食材や料理の選び方にも影響を及ぼしています。また、「アジア各国の料理」の注目は、グローバル化が進む中で異文化の食文化に対する興味や好奇心が高まっていることを示しています。

「代替食材」の注目は、環境問題や動物福祉、アレルギー対応などの背景があると考えられます。例えば、大豆を使用した代替肉は、環境負荷の低減や動物福祉の観点から選ばれることが増えています。

飲食店がこれらのトレンドを取り入れることで、新しい顧客層の獲得やリピーターの増加、売上向上などの効果を期待することができます。しかし、トレンドを取り入れる際には、その店舗のコンセプトやターゲット層との整合性を考慮することが重要です。適切にトレンドを取り入れ、独自の価値を提供することで、持続的な成功を収めることができるでしょう。

【外食トレンドグルメ2024年(上期)予想】2023年の大手メディアの予想はこう!

2023年の食トレンドを巡り、多くの飲食店オーナーや従業員が気になるのは、やはり大手メディアの予想ですよね。
大手メディアは、その豊富なリソースと専門家の意見をもとに、次のトレンドを予測します。

これらの予測は、飲食店が新しいメニューやサービスを考案する際の大きな参考となります。
そこで、今回はLemon8、ぐるなび、マイナビといった大手メディアがどのような食トレンドを予想しているのか、詳しく見ていきましょう。

これらの情報をもとに、飲食店が今後の戦略を練る手助けとなるかも?!

Z世代に人気のアプリLemon8が読み解く2023年のトレンドとは?

PRタイムズより

ライフスタイル共有アプリ「 Lemon8(レモンエイト)」は、1月1日から6月30日の間にLemon8内で投稿された約5万のグルメ投稿から、アメリカ生まれの新感覚クロワッサン「ニューヨークロール」や、まるでイラストのような見た目の「2Dスイーツ」など、Lemon8グルメクリエイターが注目した、最新トレンドグルメ5選を発表します。

PR TIMES

2023年下期の食トレンドを巡る中、ライフスタイル共有アプリ「Lemon8」は、1月1日から6月30日までの間にLemon8内で投稿されたグルメ情報から、流行りの食べ物5選を発表しました。

ニューヨークロール

ニューヨーク発祥のスイーツで、クロワッサン生地を円形に焼き上げ、中にたっぷりのクリームを入れたもの。外側はチョコレートなどでトッピングされ、見た目も華やかです。

おにぎり専門店

1〜2年前から徐々に人気が出てきたおにぎり。特に、数十種類の具材から選べる「おにぎり専門店」が増えており、その職人技が「動画映え」するとして人気を集めています。

2Dスイーツ

韓国で火がついたこのスイーツは、まるでマンガの中から飛び出してきたかのような見た目が特徴。スイーツの境目をチョコレートや着色したクリームで縁取ることで、2Dのような平面的な見た目になっています。

10円パン

10円硬貨のような見た目の「10円パン」は、連日の大行列ができるほどの話題となっています。特に、チーズをたっぷりと使用したものが、写真や動画での映える要素としてZ世代からの人気を集めています。

「マイナビニュース」による2023年下半期のZ世代の食トレンド予想は?

「グルメ・スイーツ部門ランキング」2023年下半期のZ世代トレンド予想

Creative Groupが運営する10~20代女性向け「トレンドメディアTrepo(トレポ)」は、2023年下半期のZ世代トレンド予想についての調査結果を6月21日に発表した。調査は5月20日〜6月20日の期間、16歳から22歳までの女性(Trepo girls)1000名を対象に行われた。

マイナビニュース

チムニーパン

ハンガリー発祥の焼き菓子で、誕生日や結婚式などのお祝い事で食べる習慣があるとされています。縦長の筒のような形は煙突をイメージして作られており、「煙突パン」とも呼ばれています。新大久保のカフェ「Trdro(トルドロ)」では、多種多様な「チムニーパン」が販売されています。TikTokでも「#チムニーパン」の投稿が累計27万回再生されるなど、注目のフードとなっています。

1リットルコーヒー

韓国発祥の「1リットルコーヒー」は、1リットルもの量に対して価格が安く、韓国では1800ウォン(180円)で販売されています。日本でも新大久保の「SHINCHŌN CAFĒ」や両国の「ULTRA COFFEE」で390~500円での販売が始まり、話題となっています。

シュヌレ

「シュヌレ」は「シュークリーム」と「カヌレ」を融合させた新感覚のスイーツです。シュー生地をカヌレ型で焼くことで、カヌレの見た目とシュークリームの味わいを同時に楽しめる点が特徴です。Instagramでは「#シュヌレ」の投稿が1,000件を超えています。

その他、4位には「ゼリーケーキ」、5位には「チュロス」がランクインしています。

これらのトレンドグルメは、見た目のインパクトや「映える」要素が強く、SNSでの共有を意識した商品が多いことが特徴です。飲食店オーナーや従業員の方々は、これらの情報を参考に、新しいメニューやサービスの提供を考える際のヒントとして活用することができるでしょう。

【外食トレンドグルメ2024年(上期)予想!?】インフルエンサーが紹介するトレンドグルメ5選

さて、2024年SNSを賑わせるのはどんなグルメなのでしょうか。
特にインフルエンサーたちがこぞって紹介しているアイテムは、流行の先取りとして要チェックですよね!

そこで、今回はインフルエンサーたちがSNSで熱烈にオススメしているトレンドグルメを5つピックアップしてみました。さっそく見ていきましょう!

インパクト抜群!出汁を染み込ませた厚切りカツ丼(むにぐるめさん)

厚切りカツ丼は、通常のカツ丼とは一味違う、食べ応えのあるカツ丼です。その名の通り、特徴は「厚切り」のとんかつを使用している点。一般的なとんかつよりも厚みがあり、ジューシーな肉の旨味をしっかりと感じることができます。

この厚切りのとんかつを、甘辛のたれとともに炊き込んだ玉ねぎと一緒にご飯の上にのせて完成するカツ丼は、そのボリュームと味わいで多くのファンに支持されています。特に、大食いの方や肉好きの方にはたまらない一品となっています。

また、厚切りカツ丼を提供する店舗では、とんかつの厚さを更に追求した「特厚切りカツ丼」や、異なる部位の豚肉を使用したバリエーションも楽しむことができます。例えば、ロースやヒレを使用したもの、さらには特定のブランド豚を使用したプレミアムな厚切りカツ丼など、選ぶ楽しさも魅力の一つです。

一口食べれば、外はサクサク、中はジューシーなとんかつの美味しさと、甘辛いたれが絡んだ玉ねぎの旨味が口の中に広がります。そして、その下にはしっかりと味が染み込んだご飯が待っていて、最後の一粒まで美味しくいただけます。

インスタグラムでも、そのビジュアルのインパクトと美味しさを伝える投稿が増えています!

ふわとろ半熟のチーズハンバーグオムライス(ゆうとグルメさん)

ふわとろ半熟のチーズハンバーグオムライスは、近年のグルメシーンで注目を集めている一品です。この料理は、クリーミーなオムレツとジューシーなハンバーグ、そしてとろけるチーズが絶妙に組み合わさった、まさに究極のコンフォートフードと言えるでしょう。

まず、その見た目の美しさ。ふんわりと膨らんだオムレツが、中からチーズとハンバーグを優しく包み込んでいます。一刀入れると、中からとろ〜りと溢れ出るチーズと、ふわとろの卵が絶妙なハーモニーを奏でます。その瞬間、食欲をそそる香りが広がり、一口食べる前からその美味しさを予感させてくれます。

ハンバーグは、外はしっかりと焼き上げられていて中はジューシー。その肉汁と、半熟のオムレツ、そしてとろけるチーズが絡み合い、一口食べるごとに幸せな気分に浸れます。「これぞ絶品!」と思わず声を上げてしまうような、そんな味わい深さがあります。

そして、この料理の魅力は、その食感の変化にもあります。ふわふわのオムレツ、とろけるチーズ、そしてジューシーなハンバーグが一緒になって、口の中でさまざまな食感を楽しむことができます。それぞれの食材が持つ味わいが、一つの料理の中で絶妙にマッチ!!

ATTACHMENTの溶岩パスタ(むにぐるめさん)

ボルケーノパスタは、その名の通り「火山」をイメージさせる独特なプレゼンテーションが特徴のパスタ料理です。近年、SNSを中心にその斬新な見た目と美味しさで話題となっています。

このボルケーノパスタの最大の特徴は、中央部分がくぼんでおり、そこからソースや具材が溢れ出るように盛り付けられていること。まるで火山の噴火をイメージさせるその姿は、食卓に彩りを添えるだけでなく、食べる前からワクワクする気分にさせてくれます。

パスタ自体はアルデンテに茹で上げられ、外側はしっかりとした食感ながら、中央部分に近づくにつれてソースとよく絡んで柔らかくなっています。この変化する食感もボルケーノパスタの魅力の一つ。さらに、中央から溢れ出るソースは、トマトベースやクリームベース、ペペロンチーノなど、様々なバリエーションが楽しめます。

一口食べれば、パスタとソース、具材が絶妙に絡み合い、口の中で美味しいハーモニーを奏でます。「こんなパスタ、初めて!」と驚きの声を上げる人も少なくありません。

SNSでは、このボルケーノパスタをカットする瞬間や、中からソースが溢れ出る様子をキャッチした写真や動画が数多くシェアされています。

ARK2ndの明太子パスタシカゴピザ(ゆうとグルメさん)

話題のシカゴピザと大人気の明太子パスタがついに融合して新たな商品に?!

シカゴピザは、その厚みとボリューム感で知られるアメリカ発のピザ。一方、明太子パスタは、日本独自のアレンジで生まれた、辛子明太子の風味が特徴的なパスタ料理です。この二つが一つの皿で出会った結果、まさに新たなグルメの地平が開かれました。

この新商品の最大の特徴は、シカゴピザの生地の中に、クリーミーな明太子ソースがたっぷりと詰め込まれていること。一口食べれば、もちもちの生地。濃厚な明太子の風味が広がります。そして、その中には、たっぷりチーズとスパゲッティが!パスタとピザの融合は一挙両得な商品です!

SNSでは、この新商品のカットシーンや、一口食べた瞬間のリアクションが数多くシェアされています。そのインパクトのあるビジュアルと、予想を超える美味しさに、多くの人々が驚きの声を上げています。

Meat &Cheese Forneの一枚麺のサーロイン肉ボナーラ

この料理の最大の特徴は、通常のスパゲッティやリングイネとは異なり、麺が一枚のシート状になっていること。そして、その一枚麺の上に、ジューシーなサーロイン肉とクリーミーなソースがのせられています。

枚麺の食感は、もちもちとしたうどんや餅を彷彿とさせるもの。しかし、その中にはアルデンテの食感も感じられ、パスタとしてのアイデンティティをしっかりと保っています。この一枚麺は、口の中で広がるサーロイン肉の旨味やソースのクリーミーさをしっかりと受け止め、一緒に口の中で絡み合います。

サーロイン肉は、外側は軽く焼き上げられており、中はほんのりとピンク色を残しています。この肉のジューシーさと、ボナーラソースの濃厚さが絶妙にマッチしており、一口食べるごとに幸せな気分に浸れます。

さらに、この料理の魅力は、その見た目の美しさにもあります。一枚麺が皿の上に広がり、その上にサーロイン肉とボナーラソースがのせられている様子は、まるでアートのよう。SNSでも、この料理の写真が数多くアップロードされており、そのビジュアルの美しさと、新しい食感の楽しさを共有したくなるのも頷けます。

【外食トレンドグルメ2024年(上期)予想!?】最後に…

2024年のトレンドグルメをお読みいただきありがとうざいました!
とはいえ、グルメの世界は常に進化し続けるもの。今回ご紹介したトレンドグルメも、きっと次の瞬間には新しい風が吹き、さらなる進化の形を見せてくれることと思います。

食生活や食の嗜好は、時代や文化、さらには技術の進化とともに変わってきました。そして、それはこれからも変わり続けることでしょう!!そんな変化の中で、私たちは新しいトレンドを追い求め、今後もそれを皆様にお届けしていきます!
今後も、最新のトレンド予想を続けて参りますので、どうぞお楽しみに!

気になった料理はぜひ実際に食べていただければと思います!
それではまた次の記事で!!

KUROFUNEのインスタグラム運用代行

ショート動画制作|Reel Tiktok同時投稿OK
運用のプロフェッショナル集団があなたのアカウントを運用します。

  • URLをコピーしました!
目次